ウラタノカケラ −富良野移住農耕記編−

アクセスカウンタ

zoom RSS 西表島キビ刈りアルバイトへの準備 −5日目−

<<   作成日時 : 2006/11/24 16:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像
◆◆◆ 2006年11月22日(水) ◆◆◆
★第5話 『ソフトバンク0円は・・!』→ウラタ携帯はソフトバンクなので0円問題をネットで調べた所、ウラタは0円契約すると逆に高くなる事が解りました。自分の回りの人がソフトバンク携帯ユーザーだらけならかなりお得ですが、携帯電話シェア最下位の現状では、ソフトバンクの未来への投資者募集キャンペーンという所でしょうか。企業戦略に騙されないよう、皆様も情報収集を行って下さい!■今日の写真『屋根上のネコ』

■天気/晴れ後くもり
■昼体感気温/+14度位
■今日の野営地/岡山県玉野市の実家‐5日目‐
■現在体重/76キロ(06年4月18日当日73キロ)
■今日使ったお金/食事1300円+雑費(歯医者代1900円)+1000円=4200円(計約586200円)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



◆◆◆ ラベンダー園『彩香の里』作業日誌 ◆◆◆
■天気/‐
■昼体感気温/‐度位
■コメント/長らくの作業日誌ご愛読ありがとうございました。期間を空けて一月から沖縄西表島サトウキビ刈り作業日誌を三ヵ月お送りした後、来年四月中旬から再び彩香の里作業日誌をお送りする予定になっております。ので、また今後も続く作業日誌シリーズをお楽しみ下さい。
ウラタ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



★★★ 北海道方言特集(彩香の里周辺?) ★★★
■『やばっちぃ』→汚い状態を指すらしい。岡山で言う『ばっちぃ』に『や』が付いたものでしょうか?

■『まてぇ』→丁寧にする事を言うらしい。使い方→『あの人はまてぇだから信用出来る』

■『じょっぱり』→言い通すとかやり通すと言った意味らしい。

■『なまら』→とてもとかとんでもなくと言う意味で言葉の頭に付く。岡山ではボッケーとかデーレーみたいな感じ。使い方→『なまらこわい!』同意岡山弁は『ぼっけぇきょーてぇ!』

■『こわい』→どうやら疲れると言う意味らしい。使い方→そんな仕事のやり方をしていたらコワイだろ!

■『〜ダベサ!』→語尾に付きます。

■『〜っしょ!』→語尾に付きます。〜でしょ!と同じ?




★★★ ウラタ環境情報(10月21日更新) ★★★
■『雪虫』→10月半ば位から集団で大量に飛び始める、小さな羽虫です。名前の通りお尻に粉雪に見えるフワフワが付いていて、飛び始めて一週間後位に本物の雪が降るとされています。

■『雪』→10月頭には近くの山の山頂付近が白くなってきます。10月後半には平野部でも初雪が・・・。

■『風』→今住んでいる中富良野町は、山(丘?)に挟まれた長細い盆地の真ん中にあるせいか、雨が降る1日前位から大風が南より吹き荒れます。

■吸血昆虫『アブ』→8月初旬から畑等に出現します。奴らに噛まれると1年はアブ跡(噛まれ痕)が消えない事もありますので気を付けて!

■小顔な吸血コバエ『ぶよ』→5月中旬から畑等に大量発生しますが、かえる様が食べてくれるせい?か6月末位にはいなくなります。

■畑の救世主『かえる様』→6月初旬位に冬眠から目を覚まし始め、ラベンダー株の間からヒョコっと顔を覗かせてくれます。10月頭には冬眠に入るようです。



★★★ ウラタ用語集(10月8日更新) ★★★
■『ぎょふりー(漁夫利ぃ)』→漁夫の利を狙う人の事。

■『ななめってぃ』→斜めに傾いている事全般を現します。”この機械少しななめってぃだね”等と使います。

■『ノコギリカッター』→正式名称はわかりませんが、巨大なノコギリを縦にプチ湾曲させた形をしていて、片端に混合燃料タイプの小型エンジンが付いています。機能的にはバリカンです。二人で端と端を持ち、上下左右のバランスを取りながらラベンダー株の頭(茎と花)を刈り落として行きます。

■『アブ跡』→アブに噛まれた痕。噛まれると1年間は跡が消えない事もありますので気を付けて!

■『暴れ犬』→正式名称はわかりませんが、彩香の里ではテーラーと呼ばれている小型ロータリー耕運機。エンジンで自走する機械を猫車のようにバランスを取りながら操作しますが、固い土や大きな埋まり石があると、ダッシュ&ストップ&レフト&ライトを繰り返す犬のように暴れます。

■『ドリモグラ』→正式名称はわかりませんが、畑にウネ(苗・種を植える土の山と谷)を作る為の自走機械です。騎士の鎧の足先みたいな尖った治具が機械の前に2つ付いていて、耕して柔らかくなった畑をまるでギャートルズのモグラのようにボコボコと進んでウネを作ります。

■『ビーバー』→正式名称はわかりませんが小型ハンド草苅機です。2m位の棒の先に交換可能の円盤カッター(回ると出て来るプラスチックワイヤーのカッター等もある)が付いていて、お尻には小型エンジンが付いています。この機械を両手で持ちカッターを回転させ、地面から約5cm位の所を水平に動かせば、草を苅る事が出来ます。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ウィリアムズ%R
ウィリアムズ%R情報満載 ...続きを見る
テクニカル分析 テクニカル分析情報ドカン...
2006/11/28 20:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
西表島キビ刈りアルバイトへの準備 −5日目− ウラタノカケラ −富良野移住農耕記編−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる